リキッドタイプのクレンジング

さまざまタイプのクレンジング

IT企業で20年ほど働いた企業戦士ですが、結婚して今は専業主婦です。

今、スキンケア商品は多種多様のものが出回っていますね。
クレンジングも例外ではありません。

先ずは試してから

昔は画期的であったオイルクレンジングに始まり、今はリキッドタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプとさまざまです。
その中から自分に合ったものを探すのは大変。
でも結局、商品説明を読んでみても試してみないとわからないのが事実でしょう。

私の場合ですが、クレンジングに限らず、化粧品は必ずサンプルで試してから買うようにしています。
最初からひとつの商品を買ったら結構な量が入っていますよね?
もし肌にあわなかったらもったいない。
こればかりは、使えないものを無理やり使うわけにもいきませんからね。
だからまず、サンプルがもらえるかというのがひとつポイント。
サンプルでなくてもお試しセットみたいなものを提供しているメーカーの商品を使っています。

クレンジングを選ぶポイント

サンプルやお試しセットをもらうにしても、自分がどんなクレンジングを望んでいるかをしっかり把握しておく必要があると思います。
それは普段どんなお化粧をしているかにも大きく関わってきます。

ガッツリ目元の化粧をしてファンデーションも丁寧に塗り重ねて完璧です!といったようなフルメイクの人は、やはりしっかり落ちるクレンジングが欲しいでしょう。
目元専用のクレンジングなどと併用するかどうかもポイントですよね。
ですが、すっぴんでは日焼けしちゃうしマナー違反かな、だからファンデ塗ってます、程度のメイクの人にはあまり洗浄力の強いクレンジングは必要ありません。
どの程度のクレンジングが必要かはしっかりと考えて選ぶ必要があります。

化粧落としは落ちればいいというものではありません。
もちろん「つけたものを落とす」のは必要ですが、肌のもつ自浄作用を考えることや肌質との相性などが重要です。
きれいに化粧品は落ちたけど、お肌がカサカサになってしまったり、水分や油分が失われてしまったりでは健康的で綺麗な素肌は保てません。

 

 

「きれいに落ちるのに、つっぱらない」クレンジング

いろいろなクレンジングを試しましたが、今愛用しているのは某メーカーのリキッドクレンジングです。

私の場合、化粧は他人に失礼のないようにという程度しかしていません。
化粧品も必要最小限。
ただオールインワンのものは使わず丁寧にお化粧しています。
それだけでも、すっぴんから比べたら見違えるようになるんですよね!
この程度のお化粧をこのリキッドクレンジングはすっきり落としてくれます。

気に入っているポイントは1・オイルが入っていないのでべたつかない。2・香料や着色料が入っていない。3・使ってぬるぬるしない 4・なじみがよくてすぐおちる 5・使ったあとつっぱらない。という点です。

しかも手が濡れていても、顔が濡れていても使えるので、お風呂でお化粧が落とせるんですよね。
なるべく手間をかけたくない横着ものの私にはぴったりはまったわけです。
でも一番のポイントは「きれいに落ちるのに、つっぱらない」ことでした。

クレンジングをするシチュエーション

クレンジングを探す場合に、考えておきたいことはいろいろあると思います。
自分がどの程度濃いお化粧をしているかとか、目元だけは専用のクレンジングを使うつもりなのか、とか、添加物が入っていても平気かとか、どんなシチュエーションでメイクを落とす生活か。とか。
例えば仕事から帰ってきてすぐに落としたいならいいですが、お風呂でのんびりくつろぎながらクレンジングしたいなら、水濡れはどうかとかは重要なポイント。

そしてなによりも重要なのは使用感。
使っているときに不快感や違和感がないか、使ったあとの肌の状態はどうか、など。でもこんないろんなこと、商品説明を読んだってわかりません。

だから、私はサンプルがもらえるかお試し商品がもらえるところでしか、基礎化粧品もメイク用品もかいません。
クレンジングは、とても重要な作業。
お化粧をするよりも大切だと考えます。

きちんと落として、お肌の手入れをして翌日にまた美しくなって一日を過ごす。
そうありたいですね。

 

 

 

 

 

Pocket