洗面台で手に取っているお湯

それぞれの人に合ったクレンジングがある

昨今、たくさんの種類のクレンジングが発売されていますよね。
ドラックストアなどにいくと、通路の反面はクレンジングだったりします。
さて、果たしてそんなに種類があって何が違うのでしょうか。

要はメイクが落ちればいいのだろうと、わたしも思っていました。
しかし、それぞれの特性を調べてみると、それぞれの人に合ったクレンジングがあると言うことを学びました。

 

 

洗浄力の強さが違うクレンジング剤の種類

まず、クレンジング剤には種類があります。
オイルクレンジング、リキッドクレンジング、ジェルクレンジング、クリームクレンジング、ミルククレンジングと、大体このような種類があります。
洗浄力の強さが主な違いです。
人には、乾燥肌の人もいればオイリー肌な人もいます。
その人たちが個々に合ったクレンジングを見つけるために、こんなにたくさんの種類があるのですね。

夜おそくなったからメイクを落とさないで寝てしまった経験がありませんか。
わたしはあります。
誰もがわかってはいますが、肌にはよくないですね。
メイクをしているときの肌は、呼吸ができていまさん。
ゆえに夜に、メイクを落としてキレイに洗い流した時が、やっと肌の休める時なのです。
シートのクレンジングでささっと拭いて終わってしまうのもあまりよくはありません。
肌を傷つけないように、お風呂場で優しくメイクを落とすのがポイントです。

油性メイクを落とす油分と、その油分を落とすための界面活性剤

クレンジング剤は、ベースメイクなどの油性メイクを落とす油分と、その油分を落とすための界面活性剤を主成分として配合しています。
オイルクレンジングやクリームクレンジングなどの種類がたくさんあるのは、この2つの成分の配合が違っているからなのです。
油分を落とす成分が多いほど、メイクの落ちはよいです。
しかし、肌への負担も大きくなるので、その後のしっかりとした保湿などが求められます。
また、油分を落とす役割が大きいので、乾燥肌の人には向かないものです。

自分の肌と、自分が使っているベースメイクの種類によって、クレンジング剤も選ぶ必要があります。
薄いベースメイクの時にオイルクレンジングをしたりすればメイク以上に肌の油分が落ちてしまい、肌荒れやくすみ、シミシワの原因ともなります。

メイクによるクレンジング材の使い分け

また、ポイントメイクとベースメイクでもクレンジング剤を分ける必要があります。
とりあえず落ちればと思い強いクレンジング剤で顔全体をごしごしするのはよくありません。
しかし、弱いクレンジング剤ではマスカラやアイシャドーなどのウォータープルーフの化粧品は落ちません。
ウォータープルーフのマスカラやアイシャドーの場合にはオイルクレンジングを、ベースメイクにはミクリームクレンジングなどを使用するのが望ましいです。

適量を使用する

また、マスカラなどはクレンジングだけではこすって他の部分に広がってしまう場合があります。
その際には専用のリムーバーを使用して、しっかりと落としてから全体的にクレンジング剤を使いましょう。
クレンジングは少量の使用では落ちませんし肌を傷つけてしまいます。
クレンジング剤に記載されている適量を使用しましょう。

ぬるま湯で優しく

また、クレンジングをする際には、ぬるま湯が望ましいです。
の落ちも良くなり肌への負担も軽減されます。
クレンジングの際は、ぬるま湯で力を入れずに指先で優しくなでるようにするのがポイントです。
ごしごしと擦りがちですが、擦ってもメイクは取れませんし肌の油分だけが持っていかれます。

 

 

肌質とベースメイク

潤いのあるしっとりとした肌を守るためには、自分の肌質とベースメイクにあったクレンジング剤を選び、毎日しっかりとメイクを落としてから寝ること、そしてクレンジング剤を擦らずに優しくなでるようにすることで、始めて効果が現れます。

 

 

 

 

 

Pocket