オイル

クレンジング剤を使わずにクレンジング

私は現在、クレンジング剤を使わずにクレンジングを行っています。
ですが、以前はクレンジングクリームとクレンジングジェルの2種類を使って行っていました。
理由は、メイク汚れをクリームで浮かせて落とし、その余分な油分をジェルで落とすことで、よりキレイに洗い上げることができると思っていたからです。
メイク汚れが肌に残っていると、肌あれや老化の原因になると思っていて、徹底的に落とすことが正しいクレンジングと信じて疑っていなかったというのもあります。

肌への負担をまるで無視した習慣

過去に自分で実際行っていたことなのですが、肌への負担をまるで無視した、自分でも信じられない習慣だったと思っています。
過剰なクレンジングが肌に負担をかけると気づいたのは、それまでほとんど起こしたことがなかった肌トラブルが起きたことがきっかけです。

まず、洗い上がりがさっぱりするどころではなく、洗い流してタオルで顔を抑えた途端に、冬の乾燥の季節でもなかったのに肌から水分が干上がるような感じに気づきました。
クレンジング剤を変えたわけではなく、長年同じものを使っていて一度も感じたことのない感覚だったので、すぐに違和感を覚えました。
ですが、その後も2種類のクレンジングでメイクを落とす習慣を中止せず、肌の乾燥がどんどん進んでいきました。
そしてある日、特に思い当たる原因がないのに肌がガサつくようになっていて、そこで初めてその原因を探るために情報収集をしました。

界面活性剤による肌への負担

クレンジング剤に含まれる界面活性剤が肌に負担をかけることを知りました。
水分と油分が分離しないように安定剤として使われることが多い界面活性剤ですが、洗顔料だけでなくなんと食器用の洗剤などの洗浄成分として使われることもあり、要は洗剤を顔に塗りたくっていたのと同じことをしていたというわけです。
ギトギト脂をキレイに洗い落とすほどの威力を持つ界面活性剤がクレンジング剤にも含まれているとの情報に行きついた時、背筋が凍りつくほどのショックを受けました。
そのクレンジング剤の強い洗浄力が、肌の保湿に必要な皮脂分もメイク汚れもろとも落としてしまうと知ってからは、それまでと同じような使い方ができなくなりました。

私が行っていたクレンジング剤の2種類使いなどもっての外で、1種類ですらメイク汚れに十分以上に対応できるものをさらに重ねて使っていたのですから、肌に負担がかからないはずがないわけです。

 

 

負担の少ないメイク落とし

決して安くない対価を支払って肌に負担をかけていたことに気づいてから、負担の少ないメイク落としや方法をさらに探るようになりました。

クレンジング水

最初に試したものはクレンジング水でした。
コットンに含んでから肌を拭うように優しくメイクを落とすのですが、(個人的な感想ですが)アイメイクには歯が立ちませんでした。
また落とすための時間もかかり、手早くメイクを落としたい時には使い勝手が良くなかったため、使用を中止しました。

ホホバオイル

次に試したものはホホバオイルでした。
ちなみに現在使うようになったものです。
いろんな情報を手当たり次第に探ったため、何をどうやって行きついたのか覚えていませんが、ホホバオイルが自分の肌には最も負担の少ないメイク落としとして落ち着いています。
使い方はオイルを手に取り、肌になじませて数分放置してからティッシュオフして、ぬるま湯で洗い流すか洗顔料をしっかり泡立てて洗い流すという方法です。

ティッシュオフの際には肌の汚れをこすり落とすのではなく、吸い取るようにして抑えるのがポイントです。
使い方そのものはクリームタイプのクレンジング剤とほとんど変わりがありませんが、それと比較して肌なじみが良いだけでなく、じわっと汚れが浮いてくるのが体感でわかります。

メイク汚れは「油汚れ」のため、油は油で浮かして落とすことが肌への負担を減らすのだと思います。
ホホバオイルでのクレンジングは確かに手間がかかりますが、肌についたメイク汚れを焦って落とそうとすることそれ自体が、肌への余分な負担へ直結します。
手間をかけた分だけ肌は応えてくれるため、クレンジングをおろそかにしないことが美肌につながる最良の方法だと思います。

 

 

 

 

 

Pocket